放射線技師会について

会長挨拶

kaicho_photo
公益社団法人神奈川県放射線技師会のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

本会は診療放射線技師の職能団体で、昭和22年8月12日に神奈川県放射線技師会が発足し、昭和60年には社団法人格を取得、平成25年より公益社団法人として認可され、現在は会員数1,467名(平成30年5月30日)で組織しています。
この法人は、放射線従事者の生涯学習支援を通じて職業倫理を高揚し、放射線技術の向上発達並びに放射線障害防止及び放射線被ばく低減化を啓発し、公衆衛生の向上を図り、もって県民の保健維持に寄与することを目的として運営しています。

診療放射線技師の多くは医療機関で放射線を使用したX線検査やCT検査等の画像診断、放射線治療の業務、また放射線を使わないMRIや超音波検査などに従事しています。本会では学術大会や各種の講習会セミナーなどを開催し、常に最新の医療技術や知識を習得することで、検査の質の向上と安全な業務を行うよう努力しています。また、2015年より医療被ばく最適化推進委員会を設置して、県内の医療施設を対象に各検査における医療被ばく線量の調査を行い、神奈川県内の放射線診療従事者に自施設での患者の医療被ばく線量の最適化を啓発し、県民の保健向上に寄与する活動も行っています。

今後とも公益社団法人神奈川県放射線技師会の活動に対し、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

kaicho_name