診療放射線技師の皆様へ

KANAGAWA70

医療被ばく最適化推進事業(KANAGAWA70)とは

 平成23年3月の東日本大震災に伴う福島第一原発事故は国民の放射線被ばくに対する関心を一層高めました。また、同じ放射線被ばくである放射線診療によって患者等が受ける医療被ばくも世界的に最適化が課題になっております。このような中、平成27年6月、放射線診療に係るすべての学会、団体等で構成されるJ-RIME(医療被ばく研究情報ネットワーク)が、All-Japanによる診断参考レベル(Diagnostic Reference Level, DRL)を公開しました。この機会に医療被ばく線量の評価と最適化を進めることが必要です。もとより国家資格者である診療放射線技師は放射線診療で照射した線量の評価を行い常に最適化することが求められていると考えております。
 そこで、平成27年度より本会事業として医療被ばく最適化推進委員会を新設し、放射線診療による医療被ばく線量の評価ならびに最適化を推進する事業を展開することにいたしています。この事業によって神奈川県下の70%以上の医療機関が医療被ばくの評価と最適化が行われている状態になることを目指します。これを標語として“KANAGAWA70”と称しています。

医療被ばく最適化推進事業(KANAGAWA70)について

 

・事業推進状況

  1. 平成29年1月16日(月)
  2.  平成28年度 神奈川県下におけるCT検査の線量調査
  3.  貴施設のCT検査の線量について調査させていただき、
  4.  その結果を貴施設にフィードバックいたしますので、大変お忙しい中恐縮ですが、
  5.  ご協力いただければ幸いです。
  6.  
  7.  CT検査線量調査票 設問(PDF:調査票設問、Word:調査票設問
  8.            別紙(PDF:調査票別紙、Excel:調査票別紙
  9.  
  10. 平成28年10月28日(金)
  11.  昨年度(平成27年度)に実施した一般撮影分野の追加調査を実施しています。   
  12.  調査票をご返送いただけなかった医療機関の方は、
  13.  下記の追加調査票にご記入の上、本会事務所に送付(送信)ください。
  14.  算定した貴施設の線量を送付(送信)いたします。
  15.  結果返送には1~2か月かかることをご了承ください。 
  16.  神奈川県内の70%以上の医療機関が線量評価できている状況を目指しています。 
  17.  是非ご協力をお願いいたします。
  18.  調査票:一般撮影 医療被ばく調査票
  19.  
  20. 平成28年9月16日(金)
  21.  岐阜市の長良川国際会議場・岐阜都ホテルで開催された第32回日本診療放射線技師学術大会において平成27年度に実施した一般撮影領域の調査結果を発表しました。
  22.  
  23. 平成28年9月15日(木)
  24.   読売新聞の全国版朝刊の医療ルネサンス欄にKANAGAWA70の活動が記事として掲載されました。

    http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/list_IRYORENAISSANCE

平成28年8月29日(月)
  平成27年度に実施した一般撮影領域の調査結果を県内会員所属全施設に送付しました。

平成27年度事業報告

平成27年度医療被ばく(放射線検査)の線量との最適化因子の調査票

 

・関連サイト紹介

J-RIME

診断参考レベルの設定(その1)

診断参考レベルの設定(その2)